一般・小児歯科/安芸郡 府中町 歯医者 矯正歯科

歯周病について

大切なのはプラークコントロールです。

その為には、毎日のセルフケア(自分で行うブラッシング等のこと)と、
プロフェッショナルケア(歯科医院での定期的な口のケアのこと)が欠かせません。

出来るだけ歯を抜かず、治療をして残します。
歯周病は歯肉(歯茎)から細菌が入り炎症を起こし、歯を支えている組織が壊されていきます。
従来この歯周病は中高年層が気をつける病気とされてきましたが、 最近20歳前後の若い世代の方でも歯周病が多くみうけられます。

少しでも気になる時は、早めにご相談下さい。

歯周病の原因

歯周病の原因はプラーク(歯垢)です。プラークは歯を磨かなかったり、
磨き残しがあると、ねばねばくっついてくるもので、これは単に食べ
かすが溶けたものではなく、70%は細菌の塊なのです。

細菌やその毒素によって歯茎に炎症が起き、その結果として出血や
膿、腫れなどが起こることで骨が吸収され、歯が長く見えたり、歯が
グラグラしてしまいます。

また初期から中程度の歯周病が進行していたとしても自覚
症状があまり無いため、自分が歯周病に罹患していることに
ほとんど気づきません。

歯周病とは。

歯肉だけが炎症を起こしている歯肉炎と、病状が更に進行して骨にまで
炎症が及ぶ歯周炎(歯槽膿漏)を総称して歯周病と言います。
歯周病は自覚症状が少ないため、気づいた時にはかなり重症になって
いることが多く、定期的に歯科医院での管理が必要な慢性疾患です。

歯だけではありません、歯周病が体へ及ぼす影響。
 全身疾患、特に動脈硬化性疾患などの心血管病変や糖尿病 
 など生活習慣病との関連性が最近報告されています。

歯周病の簡単チェック

  • 歯を磨くと歯肉から出血する
  • 歯が伸びたと感じる
  • 歯がぐらぐらして硬いものが噛めない
  • 歯が浮いた感じや、歯肉がむずがゆい感じがする
  • 冷たいものや熱いものが歯にしみる
  • 歯を噛み合わせると痛い
  • 歯と歯の間が広くなって食べたものが詰まりやすい
  • 人から口臭があると言われた
  • 朝起きた時、口の中がネバネバして気持ち悪い

※一つでも該当しているという方は歯周病の可能性があります。
早めに歯科医院を受診し、トラブルを最小限に防ぎましょう。

PAGE TOP

お問い合わせフォームへ